詰め物・被せ物

使用する素材の違い

使用する歯科材料は、保険が適用できるプラスチック製の「レジン」や金属の他に「セラミック」「ゴールド」といった素材もあり、患者さんの要望や体質に合わせて、ベストな素材をご提案いたします。
治療方法や用いる素材によって、見た目に違いがあるだけでなく、耐久性や虫歯・歯周病の再発のリスクにも違いがあります。例えば、セラミックはプラスチックに比べプラークが付きにくいため清潔で、虫歯や歯周病の再発に対してのリスクヘッジになります。

1.美しさ

セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。プラスチックの食器が変色しやすいように、プラスチックは年数が経つと変色することもあります。セラミックならプラスチックのような変色はほとんどありません。
小さな詰め物・被せ物でも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。

2.耐久性

せっかく治療するのですから、いつまでも丈夫で長持ちすることも大切です。プラスチックは、歯ブラシでこするだけでも傷がつきますが、セラミックならそのような心配はありません。
また、詰め物・被せ物は精度が高く作られますが、時間の経過などにより歯との間に隙間ができることがあります。この隙間にはプラークがたまりやすく、虫歯が再発することもあります(二次虫歯)。
このリスクが最も少ないのがゴールド。適度なやわらかさがあり、隙間なくピッタリです。セラミックも特殊な接着剤を用いて装着するので歯としっかり一体化します。銀歯はこれらと比較すると隙間ができやすく、二次虫歯のリスクも高くなります。

3.虫歯や歯周病のリスク

顕微鏡で拡大して見ると、プラスチックの表面にはスポンジのように穴があいており、虫歯や歯周病の原因となる細菌(プラーク)がつきやすい構造をしています。一方、セラミックは表面が滑らかでプラークがつきにくく、歯みがきをすればしっかりと落とせます。

4.金属アレルギー

金属の詰め物・被せ物はお口の中で少しずつ溶け出してしまうため、金属アレルギーを引き起こしたり歯茎が変色する場合があります。しかしゴールドは丈夫で腐食に強く、金属アレルギーが起こりにくい素材です。またオールセラミックなら金属を一切つかっていないので、金属アレルギーの心配はありません。

保険がきくから大丈夫
は間違い?

保険が適用できる治療は、国が認めた治療だから間違いない・安全だと考えている患者さんも多いですが、それは間違いです。
一般的な保険適用の治療のひとつが銀歯ですが、日本以外で金属を入れる治療をしている国はほとんどありません。
銀歯に使用されている金属は、長期間口の中に入れていると徐々に溶け出して体内に入っていき、それが金属アレルギーを引き起こす原因になることもあります。
また、素材の性質上あまり精度が良くないため、歯との間にできた隙間に虫歯ができてしまうなど、虫歯が再発しやすいというリスクもあります。
だからこそ、当クリニックはセラミックなどの高品質で安全な素材で治療することをお勧めするのです。

詰め物の治療

治療方法について

詰め物の治療に使われる素材は、大きく3種類に分かれます。一つは歯科用に強化した陶材を用いた白く美しい「セラミック」。次に体にやさしい金属「ゴールド」。そして保険診療が利用できる「銀歯」と呼ばれている銀合金です。

治療の種類

当クリニックでは健康保険を利用できる治療はもちろん、セラミックなど様々な治療方法に対応しています。皆さんのご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

※横にスクロールできます

イメージ写真 名称 耐久性 審美性 汚れの
つきにくさ
特徴 素材 料金
CR
(コンポジットレジン)
保険治療法。安価。強度が劣る。
色の選択が限られている。
1年程度で着色が目立つようになる。
適用できる歯が限定される。
レジン 保険適用
ハイブリット
セラミック
強化プラスチック。
審美的だが、欠けやすい。
虫歯再発のリスクが比較的少ない。
レジン 50,000円(税抜)
メタルインレー 保険治療法。安価。
審美性に欠ける。
長期間で金属が溶けだす心配がある。
金属 保険適用
ゴールドインレー 適合性・耐久性・機能性で良好。
審美性に欠ける。
金属 60,000円(税抜)
セラミックインレー 他の詰め物と比べ審美性に優れる。
天然歯と同じ硬さ
なので、咬み合う歯を傷つけない。
セラミック 60,000円(税抜)

被せ物の治療

治療方法について

治療方法によって、見た目に違いがあるだけでなく、耐久性・清潔感の面でも違いがあります。
被せ物治療に使われる素材は、大きく3種類に分かれます。一つは歯科用に強化した陶材を用いた白く美しい「セラミック」。次に体にやさしい金属「ゴールド」。そして保険診療が利用できる「銀歯」と呼ばれている銀合金です。最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

治療の種類

当クリニックでは健康保険を利用できる治療はもちろん、セラミックなど様々な治療方法に対応しています。皆さんのご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

※横にスクロールできます

イメージ写真 名称 耐久性 審美性 汚れの
つきにくさ
特徴 素材 料金
前装冠 保険治療法。安価。審美性に欠ける。
レジンの部分が黄色く変色しやすい。
レジン
+
金属
保険適用
※自費の場合:30,000円
ジルコニア
セラミック
前歯にお勧め。
オーダーメイドで色調を合わせられる。
天然歯に近い審美性を有する。
ジルコニア
+
セラミック
90,000円(税抜)
FMC 保険治療法。安価。審美性に欠ける。
長期間で金属が溶け出す心配がある。
金属 保険適用
※自費の場合:25,000円
ジルコニアクラウン 奥歯にお勧め。
汚れも付きにくく、変色もしづらい。
強度が高く耐久性が良好。
ジルコニア 60,000円(税抜)
ハイブリット
セラミック
安価。審美性に欠ける。
保険の歯に比べると強い。
適用する歯に限りがある。
ハイブリットレジン
+
金属
50,000円(税抜)

補償制度について

私たちは「再治療の必要のない高度な治療」を目指しています。治療後、適切なメンテナンス(定期健診)に通っていただき、ご家庭でのケアも心がけていただければ、間違いなく再治療の可能性は軽減できます。
万が一、それでも再治療が必要となった場合でもご安心ください。当クリニックでは補償制度を設けております。
適用条件や料金面など、詳しくはお気軽にご相談ください。