入れ歯

こんなお悩みはありませんか?

  • インプラント治療には怖いイメージがある
  • 入れ歯にすると食事が楽しめない
  • 違和感があるため話しづらい
  • バネを人に見られるのが恥ずかしい
  • 入れ歯=老人のイメージがあり抵抗がある
  • 入れ歯が合わず、痛みを感じる

保険の入れ歯では解消が難しい

健康保険が適用される入れ歯治療で認められているものは「痛みを感じずに食事ができる」という最低限度の役割しか果たしてくれません。
健康保険に設けられたルールに沿った治療では、より良い素材やより良い治療方法があったとしても、それらが使えないのです。そのため「違和感がない」「見た目が良い」「話しやすい」「耐久性に優れている」といったニーズには応えられないケースが多くなります。

入れ歯による治療について

当クリニックでは健康保険を利用できる入れ歯は「床」と呼ばれる部分に使用する材料によって、大きく2種類に分かれます。
一つは床がすべてプラスチックでできている、いわゆる「プラスチック床」の入れ歯。もう一つは床の一部に金属を使った「金属床」の入れ歯です。
装着時の「違和感」、しっかり噛める「安定性」、温かさ・冷たさを感じる「熱伝導」の3点で違いがあります。皆さんのご希望にあわせて最適な治療方法をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。

金属床とプラスチック床の違い

1.違和感(薄さ)

プラスチック床の入れ歯は、強度を保つため厚く製作する必要があります。これが大きな違和感の原因です。
金属床なら薄くて丈夫な入れ歯が作れるので、違和感も最小限にすることが可能です。

2.安定性(よく噛める)

プラスチック床は強く噛むとたわんでしまいます。さらに長期間の使用により少しずつ変形し、徐々に噛めなくなってきます。
金属床ならたわみや変形も少ないので、しっかりと安定した噛み心地になります。

3.熱伝導(温かさ・冷たさが伝わる)

上顎を覆う入れ歯の場合、プラスチック床では温かいものや冷たいものを食べても熱を感じにくくなります。
例えば、温かいお茶を飲んでも上顎はその温かさをあまり感じることができません。
その点、金属床は熱の伝導にも優れているので、食べ物の温かさや冷たさをしっかり感じることができます。

当クリニックの入れ歯

当クリニックでは健康保険を利用できる入れ歯はもちろん、様々な入れ歯に対応しています。
失った歯の本数や、皆さんのご希望にあわせて最適な入れ歯をお作りしますので、お気軽にご相談ください。

※横にスクロールできます

イメージ写真 名称 特徴 素材 料金
チタン床義歯 軽い。
薄く違和感が少ない。硬く安定した噛み心地。
食べ物の熱が伝わる。バネが目立たない。割れにくく変形しない。
金属アレルギーにならない。
チタン 280,000円(税抜)~
コバルトクロム床義歯 薄く違和感が少ない。硬く安定した噛み心地。
食べ物の熱が伝わる。バネが目立たない。割れにくく変形しない。
金属アレルギーになることがある。
コバルト クロム 240,000円(税抜)~
ノンクラスプ義歯 入れ歯だと気づかれにくい。
違和感が少なく、装着感も良い。
チタンやコバルトクロムに比べて安価。
定期的に作り変える必要がある。
ナイロン 180,000円(税抜)~
プラスチック義歯 保険適用。調整が安易。高精度の物の作製が難しく、安定して噛めない。
違和感が大きい。バネが目立つ。
割れたり変形しやすく、耐久性が低い。
食べ物の熱が伝わらない。
プラスチック 保険適用